卵殻膜美容液はシミにも効果があるって本当?

 

21世紀の新素材「卵殻膜」。
18種類のアミノ酸とコラーゲン・ヒアルロン酸を自然含有していることで、美容・健康成分の宝庫と言われ、今、卵殻膜美容液が新しいエイジングケア化粧品として注目を集めています。

 

とりわけ美肌効果に優れている卵殻膜美容液ですが、中高年を悩ませる「しみ」にも効果があるというのは本当でしょうか。
卵殻膜美容液のシミ改善効果についてご紹介します。

 

 

卵殻膜美容液の誕生秘話

 

卵殻膜美容液をつくる「卵殻膜」とは、鳥類や爬虫類の卵の卵殻の内側に密着している膜のことです。
ゆで玉子の殻をむく時に見るあの白くて薄い膜が、孵化するまでヒナを外部の菌やウイルスから守ったり、細胞の増殖や分化、生命維持に関与しながら誕生へと導く大切な役割を果たします。

 

この卵殻膜のもつ驚異的なパワーに着目し、多くの研究者によって商品化が目指されましたが、水にも油にも熱にも溶けない卵殻膜は分解が難しく、商品化は難航していました。

 

そのような中で卵殻膜のパイオニアであるアルマード社が2007年度より東京大学と共同研究を行い、ついにコスメやサプリといった商品化に成功。
こうして卵殻膜美容液が誕生したのです。

 

卵殻膜美容液はしみにも効果があるって本当?

 

卵殻膜にはコラーゲン、ヒアルロン酸といった美肌作りに欠かせない成分が豊富で、さらにはコラーゲンやヒアルロン酸を生成する「線維芽細胞(せんいがさいぼう)」を活性化させるはたらきもあります。

 

そのため卵殻膜美容液の美肌効果は高く、肌にツヤやハリ、弾力を与えます。
卵殻膜美容液のすごさは美肌効果だけではありません。

 

しみの予防や改善にも効果があると言われます。
その秘密は、卵殻膜に含まれる「シスチン」にあります。

 

シスチンとは

 

シスチンとは、タンパク質を構成するアミノ酸の一つで、特に、毛髪や爪などのケラチンに多く含まれます。
肌が紫外線を浴びると、肌を守るために皮膚内部でメラニンが生成され肌を黒くします。
これが「しみ」となります。

 

通常、肌の再生(ターンオーバー)によってメラニンは肌の表皮に押し出され、垢といっしょに剥がれ落ちますが、肌のダメージや加齢により肌の再生(ターンオーバー)の周期が乱れると、メラニンが「しみ」となって蓄積されてしまいます。
ここでシスチンが活躍するのです。

 

シスチンは体内で「L-システィン」という物質に変化し、シミの原因になるメラニンの発生を抑制したり、肌の再生(ターンオーバー)を促進したりします。
シスチンを多く含む卵殻膜美容液は、しみの予防・改善にも効果的と言えるでしょう。

 

卵殻膜には人の肌の5倍以上のシスチン

卵殻膜には、なんと人の肌の5倍以上のシスチンが含まれています。
他の食品と比較しても、可食部100g中に大豆や小麦粉に1~2g程度含まれているのに対し、卵殻膜は約13g。卵殻膜のシスチン含有量は圧倒的です。
卵殻膜美容液がしみ改善に有効なのは、この驚くべきシスチンの含有量にあるのです。

 

卵殻膜美容液に副作用はない?使用上の注意点!

卵殻膜の主成分は繊維状のたんぱく質で、人の肌や髪に近い18種類のアミノ酸から組成されているので、卵殻膜美容液は副作用の心配もなく安心して使うことができる美容液と言えます。

 

また卵アレルギーの原因とされるたんぱく質はおもに卵白に含まれる「オボアルブミン」と「オボムコイド」ですが、これらは卵殻膜には含まれていません。

 

卵殻膜美容液の使用によって卵アレルギーの症状がでる可能性はあまりないと思われますが、卵アレルギーがある方は、必ずパッチテストを行い、アレルギー反応がでないことを確認してからご使用になることをおすすめします。

 

卵殻膜美容液と合わせて実践したいおすすめのしみケア方法

 

できてしまったしみを完全に消すことは容易なことではありません。
しみケアのコツは、しみができるメカニズムを知り、効率的なケア方法で根気強く続けることです。
ここでは卵殻膜美容液の使用と合わせて実践したいおすすめのしみケア方法をご紹介します。

 

UVケアを徹底する

しみの原因となるメラニン自体は悪いものではありません。
むしろ、メラニンは肌トラブルや病気を防ぐために必要なものです。

 

紫外線には人体に有害な物質が多く含まれており、紫外線を浴びると、有害物質から体を守るために体内に活性酸素が多く発生します。
体を守る活性酸素も増加しすぎると逆に肌にダメージを与えてしまい、それを緩和する役目をもつのがメラニンなのです。

 

しかし、メラニンの生成も過剰になると、排出しきれないメラニンがしみとなって肌に残ってしまうので、やはりしみケアには紫外線対策が必要となります。
日頃からUVケアを徹底して行いましょう。

 

抗酸化作用が高い食材を積極的に食べる

体内で活性酸素が増加しすぎると細胞が酸化します。酸化は細胞の老化を引き起こします。
老化により新陳代謝が衰えることもまた、しみをつくる原因となります。抗酸化作用の高い食材を積極的に食べることで細胞の酸化を防ぐことができます。

 

抗酸化作用の高い栄養素にはポリフェノール、ビタミン類,亜鉛、セサミンなどたくさんあります。気軽に摂りやすい身近な食材を紹介しますので、毎日の食事やおやつにとり入れてみてはいかがですか。

 

バナナ βカロテン、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンC、ポリフェノールを含む。いつでもどこでも手軽に食べることできる便利食材
トマト 抗酸化作用の強いリコピンを多く含む。加熱するとさらに吸収力が増す
アボカド 森のチーズと言われるアボカドには、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンCが豊富
ナッツ ナッツ類にはビタミンEが多く含まれている。小腹が空いた時のおやつなどに最適
ごま セサミンを多く含む。皮がついたままだと消化されないまま排出されてしまうため、すりゴマにして、味噌汁に混ぜたり、揚げ物の衣に混ぜたりするともっと日常に取り入れやすい
赤ワイン カテキン、アントシアニン、タンニン、フラボノイドなど多くのポリフェノールが含まれる。料理に入れると使う幅も広がる
緑茶 ビタミン類やカテキンが豊富。日常に取り入れやすい

 

ピーリングを定期的に行う

定期的にピーリングをすることで肌に古い角質を蓄積させないこともしみケアには効果的です。
ピーリングは皮膚科や美容クリニックで行うこともできますが、日常のしみケアとして行うには、市販のピーリング用石鹸やジェルなどを使って行うホームケアでも十分です。

 

定期的に古い角質を除去することで、卵殻膜美容液の浸透率もアップします。

 

食事や睡眠を見直しストレスレスな生活を送ろう

肌の再生(ターンオーバー)サイクルは、食事の偏り、睡眠不足、ストレスなどによっても乱れることがあります。
健康でシミのない美肌作りは生活を見直すことが第一歩かもしれません。心身ともに健康でストレスのない生活を心掛けることも大切です。

 

まとめ

卵殻膜美容液は、メラニンの生成を抑制し、肌の再生(ターンオーバー)を促進する「シスチン」が豊富に含まれているので、毎日のケアに取り入れることでしみの予防・改善が期待できる今一番注目を集めている美容液です。

 

卵殻膜美容液の使用と合わせ、しみの原因となるメラニンを過剰に生成させないようUVケアを徹底したり、抗酸化作用の高い食材を積極的に食べて細胞の老化を防ぐなど、さまざまな方面からのケアがよりしみ改善の効果を高めるでしょう。

 

肌の再生(ターンオーバー)を乱れさせる睡眠不足やストレスもまたしみの原因となるので、日常生活を整え、心も身体も元気な毎日を過ごし、しみのない透き通ったお肌を目指しましょう。

 

関連ページ

卵殻膜美容液でシワは解消できる?効果的な使用方法&おすすめ商品
卵殻膜美容液には、本当にシワ解消の効果があるのか、最大限に効果を発揮するための使用方法、オススメの卵殻膜美容液など、情報満載でご紹介していきます。
卵殻膜美容液は敏感肌にNG?敏感肌におすすめの卵殻膜美容液を厳選!
卵殻膜美容液は敏感肌でも使って大丈夫なのでしょうか?敏感肌の方におすすめの卵殻膜美容液も厳選してご紹介します。
【簡単】手作り卵殻膜美容液(化粧品)の作り方と注意点まとめ
卵殻膜美容液を、鶏卵の薄皮から手作り出来ることを知っていますか?ここではその作り方のポイントや注意点について余すところなく紹介します。
卵殻膜美容液で乾燥肌は解消できる?より効果的な使い方について解説!
様々な肌トラブルに効果のある卵殻膜美容液ですが、日頃から乾燥しがちな肌を改善することは出来るのでしょうか?乾燥肌対策におすすめの卵殻膜美容液と合わせてご紹介します。
【驚愕】卵殻膜美容液(化粧品)の驚くべき4つの効果!
卵殻膜には肌に良い成分がぎっしり詰まっています。どんな効果があるのかを解説するとともに、使用上の注意点、効果的な使い方、おすすめの卵殻膜美容液(化粧品)などをご紹介します。
美容業界で話題!卵殻膜美容液に含まれるエキスや使い方について★
卵殻膜美容液の効果や正しい使い方、卵殻膜に含まれる成分について詳しく解説します。
卵殻膜美容液(化粧品)で気になるたるみを徹底解消!
卵殻膜で本当にたるみのケアができるのか、効果的な使用方法や、オススメの卵殻膜美容液など、情報満載でお届けしていきます!
【衝撃!】卵殻膜美容液(化粧品)で毛穴レスの色白卵肌を作ろう!
卵殻膜美容液を使った人達の間で「毛穴が目立たなくなった!」という声が多数あります。どうして卵殻膜美容液を使うと、毛穴開きの解消に効果があるのでしょうか?今回は、卵殻膜美容液のパワーと、毛穴開き解消に効果的な使用方法をご紹介いたします!
卵殻膜美容液でいちご鼻は解消できる?気になるメカニズムについて
いちご鼻の主な原因や卵殻膜美容液がいちご鼻改善にどのように作用するのか、更におすすめの卵殻膜美容液まで一挙に大公開します!
卵殻膜美容液でそばかすは解消できる?より効果的な使用方法も伝授!
最近美容業界で大きな注目を集めている卵殻膜美容液!効果的に卵殻膜美容液を使えば、今からでもそばかすを解消できるかもしれません♪
卵殻膜美容液はオイリー肌でも使えるの?副作用・注意点についても解説!
卵殻膜美容液はオイリー肌でも使えるのか?オイリー肌が卵殻膜美容液を使う上での注意点について詳しく解説します。
口元のたるみには卵殻膜美容液がおすすめ!【使用上の注意点】
口元のたるみは、顔を老けて見せてしまう厄介者。「卵殻膜美容液がもたらす口元のたるみへの効果」を中心にご紹介していきます。
卵殻膜美容液は目の下のたるみに絶大な効果!?真相を徹底究明!
卵殻膜美容液は、アンチエイジングケアでの大きな悩みである目の下のたるみに対して絶大な効果をもたらすことができると言うのです。その真相やいかに!
卵殻膜美容液でほうれい線を徹底解消!おすすめ商品を厳選紹介!
卵殻膜美容液でほうれい線を改善できるメカニズムを解説するとともに、おすすめの卵殻膜美容液などもご紹介します。
卵殻膜美容液VS卵殻膜パック※即効性があるのはどちら?比較検証!
卵殻膜美容液と卵殻膜パックを徹底的に比較しながら、それぞれのメリットやデメリット、どちらが即効性があるのかなどをご紹介します。
【卵殻膜美容液VSヒト幹細胞美容液】効果があるのはどっち?
美容の最先端アイテムとして注目が集まっている卵殻膜美容液とヒト幹細胞美容液。気になる2つの美容液が持つ驚きのメカニズムとそれぞれの効果について、わかりやすく比較してみました。
卵殻膜美容液は年齢肌に効果なし?あり?年齢肌におすすめ4選!
年齢肌に効果的と美容業界で注目を浴びている卵殻膜美容液の効果についてご説明します。年齢肌におススメの卵殻膜美容液も厳選して4商品ご紹介します。

このページの先頭へ戻る